(c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.Ltd. All rights reserved.
 ネクソンジャパンは30日、ファンタジーものの3D・MMORPG「ZerA」のクローズドベータテストを本日より開始したことを発表した。アーカイアの地を舞台に冒険を繰り広げていく内容だ。参加人数は6000人で、実装・テスト内用は基本システム、通常フィールド、チュートリアル、一般クエスト、ほか各種機能。期間は2月6日までとなっている。

 なお、今回は、募集に漏れた人も遊べるチャンスがある。一部ネットカフェが、今回のクローズドベータテストに参加しているのだ。もし外れてしまった場合は、ネットカフェにて自分のNEXON IDでクローズドベータテストに参加しよう。参加店舗の告知に関しては、「ZerA」公式サイト内で確認可能だ。

 「ZerA」は、ネクソンの開発チーム「GAMETAB」の100人以上のスタッフが3年の歳月と、総額約100億ウォン(約10億円)をかけて開発された大作。開発初期段階から「楽しくプレイすること」を重要視しており、従来のMMORPGでプレイヤーがどこに不満を抱くかということを研究し、その結果を反映した内容となっている。各レベルに合わせた豊富なクエストや、AIスクリプトで多様な行動をするモンスターなどを用意。さらに、ストーリー上重要なイベント時には臨場感を与えるため動画によるカットシーンが挿入されており、リアルなグラフィックと派手な演出も特徴となっている。スキルの獲得を中心とした自由度の高いキャラクター育成や、「デミ=プレーン」と呼ばれるインスタンスダンジョン、プレイヤー同士が敵対する戦略的なPvPなど、さまざまなシステムもポイントだ。

■関連ニュース
とぅいんくる、「とぅいんくるガールズ」の演じる新キャラクターを発表
ラグナロクオンライン、プライズ展開を発表
Halo 3、マルチプレイヤーパブリックベータプログラムの募集を開始
メテオスオンライン、新惑星「メックス」を追加