ウイルスとなって世界中に広がり、世界を恐怖のどん底に陥れるという一風変わったゲーム。被害を与えるとポイントが増え、いろんな進化をすることができます。

アクセスは以下から。
Pandemic

タイトル画面。


ゲーム画面はこんな感じ。与えられた200日の間に人類を全滅させることがゲームの目的です。左のゲージはウイルスの危険性を表している。「GO」を押すと1日進みます。右下のアイコンを押すとウイルスのカスタマイズ画面へ移動。


カスタマイズ画面。左の列はウイルスによる症状、上からくしゃみ、せき、発汗、発熱、体のだるさ、おう吐、免疫、腫れ、抗凝血、出血、臓器不全、やけど、壊疽。中央上部はウイルスの感染経路や方法。上から潜伏期、体外での生存力、耐熱性、耐湿性、体液(汗など)からの感染、人体のみに影響、空気感染、液体感染。下部はカスタマイズに使えるポイントの残りやコスト。右が現在のウイルスの能力。上から致死性、感染力、症状の可視性。


北米の人口が69932で、そのうち感染者は225、死者は68。まだ公共交通機関が動いているので地域内の感染が早い。


時間が経つと、国境を越えて他地域へ伝染しはじめる。


空路でウイルスが運ばれることもある。伝染病の流行に気付くと対策が始まります。


すべての地域にウイルスが広がる前に国境が封鎖されてしまいました。こうなると全人類に感染することは不可能。


この時は西欧が無傷で残っていました。


やり直し。今度は全世界で猛威を振るい、すでに死者は576673。


結局90日ぐらいで終了。なお、うまくやると80日以内にクリアできるそうです。コツは早く世界中に感染させること。あまり致死性を高くすると広がりきる前に対策されてしまいます。


・関連記事
マリオが敵を銃撃していくゲーム「Super Mario: Rampage」 - GIGAZINE

さまざまなタワーを作って侵入者を撃退する「Flash Element TD」 - GIGAZINE

ロボットをゲートまで導いていくゲーム「GATEWAY」 - GIGAZINE


記事全文へ