友達に安い給料を嘆いたら自分のほうがましだった・・・

学生時代の友達が集まって飲み会。話題は、どうしても仕事や会社の愚痴になっていきます。

「あーあ、安い給料でこんなに働かされて、まったく……」

そう漏らしたのをきっかけに、具体的な給料の額や次のボーナスの見通しを言い合う展開に。
ところがフタを開けてみたら、嘆いた自分の給料が、そこにいるメンバーの中でいちばんマシでした。

「やだなあ、○○ちゃん。べつに安くないじゃない」

という明るい口調の中にも冷ややかさが混じった指摘。こういうことが積み重なると、「あの子、変わっちゃったね」というレッテルを貼られかねません。
リアクション次第では、友情が崩壊してしまう危機一髪の状況。

アナタなら何と答えてこの状況を乗り切りますか?
1:「みんなよりマシかもしれないけど、世の中の標準から見たら、どう考えても安いわよ」
2:「でも、働いている時間の長さやたいへんさから言ったら……」
3:「あーあ、1カ月ぐらい休んで、南の島とかでボーっとしたいね」



正しいリアクションはどれ!?
この記事の続きは[livedoor キャリア]で


■関連リンク
livedoor キャリア
【女の転職】20代営業女子の仕事の本音
【女の転職】憧れのウェディングプランナーも営業!?
【女の転職】女ヂカラが活かせる狙い目業界徹底研究-金融業界-