Copyright (c)2006. NHN Japan Corporation. All rights reserved. Published by NHN Japan Corporation Copyrightc2005. Neople,Inc.All rights reserved.
 NHNJapanは、オンラインゲーム「アラド戦記」において、2007年1月30日(火)にアップデートを実装すると発表した。

 「ACT1“小さき魔女と黒き妖精”」と題されたこのアップデートでは、新たなキャラクターとマップの追加が行われる。「小さき魔女」は新キャラクター「メイジ」のこと。様々な魔法を駆使し、遠距離戦を得意とする魔界の少女だ。直接攻撃こそ苦手だが、魔法による広範囲攻撃が可能となっており、これまでの遠距離型「ガンナー」ともひと味違った戦いが楽しめそうだ。

 「黒き妖精」とは新マップ「アルフライラ臨時駐屯地」のテーマ。「アルフライラ臨時駐屯地」は、ダークエルフとの戦争の前哨地であり、強力なモンスターが出現する危険エリアに通じている。アンデッドの巣「シャローキープ」、トラップ満載の「蜘蛛の巣窟」といった新エリアはいずれも歯ごたえがある内容。既に高レベルのプレイヤーもスリリングな冒険が楽しめそうだ。

 同時にキャラクターが8体まで作成可能となり、レベル上限が45にアップ。更なるスキルが実装される。新たなキャラを作って育ててみるのも楽しいのではないだろうか。
アップデートに伴い「アラド大陸に魔女が来た!」イベントが開催される。1月30日(火)〜2月13日(火)の期間中、「メイジ」を作成すればアバターアイテムがプレゼントされるほか、抽選でWebMoneyが送られる。

 アップデートで世界が広がる「アラド戦記」、新キャラクターの誕生ラッシュが訪れそうだ。

■関連ニュース
MU、3月8日に月額料金を無料に
ビッグショット、プレオープンベータテストがスタート
ポトリス2、「新年の運試し!?ランダムトーナメント!」を開催
ダークアリーナ、有料アイテムにPK避け効果のアイテムなどを追加