ジャレコは、都内のホテルにて韓国製MMORPG『ノーステイル』の発表会を行った。

 発表会の最初には、同社の取締役であり、エグゼクティブ・プロデューサーでもある細渕哲也氏よりあいさつと、『ノーステイル』をサービスインに至るまでの経緯が紹介された。

 「ジャレコは、ゲーム業界では30年の歴史を持った、老舗のメーカーです。現在までに、アーケードやコンソール、そしてモバイルなど様々なゲームに関わって来ました。そして、これからもその歴史を築きつつも、新しいジャレコでありたいと思いオンラインゲームに参入することになったのです。いずれは、“ジャレコはオンラインゲームの老舗だよね”と言われるまでに成長させていきたいと思っています」と、参入の経緯を語った。

 また、ジャレコブランドでのオンラインゲーム参入第一弾である『ノーステイル』に至るまでの経緯も「誰でも遊べるソフトよりも“みんなであそべる”ソフトを探していて、そこで出会ったのが本作なのです」と紹介。“みんなであそべる”を重視された『ノーステイル』だけに、韓国では男女比が6対4と、他のオンラインゲームに比べて、女性比率が多いのが特徴だ。また、高スペックPCを必要とするオンラインゲームが多い中で、『ノーステイル』は比較的低スペックでも稼働するため、より多くのユーザーが楽しめることになる。

 本作の開発は、韓国の開発メーカーである“エントウェル”。今回の発表会では同社CEOのスティーヴ・チョウ氏も来日し、「今後もみなさまに注目されるソフト開発を行っていきたい」とオンラインゲーム開発に対する熱意をみせていた。

 なお、ジャレコでは『ノーステイル』に続く第二弾、第三弾を準備中とのこと。細かい内容は空かされなかったが、細渕氏が“オンラインゲームのジャレコ”と言われるのを目指していることからも、次回作の登場もそう遠いことではないのかもしれない。

■関連ニュース
ラグナロクオンライン、2007年も「幸運の女神争奪戦」イベント開催
AMD Quad FX プラットフォーム搭載システム発売記念イベントを1月27日に開催
ASUS、OCでFSB2,296MHz/メモリクロック1,300MHzを記録! Intel P965搭載ハイエンドマザー「COMMANDO」
ガンホー、ケイブと業務提携。女神転生IMAGINEは「ガンホーゲームズ」より提供に
Shoot it! - #14 MMORPG「A3」が創設するプロゲーマー制度とは?(後編)