ハイファイブ・エンターテインメントは、MMORPG「天道オンライン」において、2007年1月17日(水)にアップデートを実装したと発表した。

 戦争の勝利条件が新しいものとなり、戦争地域の入り口が複数に増加。レベル40以下のレア装備品のドロップ率が上方修正されている。また「界牌関」「潼関」「岐山入口」のマップが変更され、新たに「戦友システム」が実装された。

 「戦友システム」は仲間をリストに加えることで簡単に「仲間招待」や「伝心」が行えるという、いわゆる「フレンドリスト」的な機能。狩りでお世話になった人や、一緒にゲームを始めた人など、ゲーム内の友達とのコミュニケーションを取るのに役立ちそうだ。

 なお、今回のアップデートに伴い「戦争時の朝歌城・西岐城の復活ポイントがマークの位置とは異なっている。」「門派員の名前が7文字以上の場合、6文字目までしか表示されず伝心、仲間招待を行う事ができない。」「転職前のキャラクターを戦友追加すると、戦友ウィンドウの職業項目が空欄になってしまう。」「門派に加入していないキャラクターをクリックした際に「同盟」「宣戦布告」が選択可能なアイコンで表示されてしまう。」といった不具合が確認されているとのこと。

 致命的なものはない模様だが、気になる人はあらかじめ公式サイトをチェックしておくのが良いだろう。

■関連ニュース
RAPPELZ、1月19日より72時間限定の「経験値1.5倍キャンペーン」を開催
ネオスチーム、「最適化クライアント」パッチの配布を開始
ソーサリアンオンライン、1月21日に初のGM座談会を実施!
グラナド・エスパダ、アイテムモール販売開始記念の「BIG5キャンペーン!」を開催
ガンホー、ケイブと業務提携。女神転生IMAGINEは「ガンホーゲームズ」より提供に