元米副大統領のアル・ゴアさん

写真拡大 (全4枚)

 アメリカ元副大統領アル・ゴアさんの半生を追ったドキュメンタリー映画「不都合な真実」のジャパン・プレミアが、15日、都内で行われ、会場に、アル・ゴアさんが登場しました。

 映画「不都合な真実」は、ゴアさんが地球温暖化により人類が滅亡するまでの真実のシナリオを伝えるドキュメンタリー映画で、アメリカのドキュメンタリー映画史上、歴代3位の記録的ヒット作となっています。
 
 この映画の日本公開を記念して、15日、都内でプレミア試写会が行われました。レッドカーペットには、女優の藤原紀香さんら著名人も登場しました。
 
 プレミア試写会で行われた舞台挨拶で、ゴアさんは、環境問題について、次のように語りました。

 「環境問題は現在、人類が直面している最大の危機です。しかしこれを回避する時間とチャンスが、まだ我々にはあります。日本語の『危機』の『機』は『機会の機』、すなわちチャンスという意味です。この映画を見るにあたり、心で感じてこの問題を解決する一員になってほしい、と思います」。

 映画「不都合な真実」は、1月20日より、ロードショー、全国順次公開されます。

■関連リンク
動画ニュース ライブ!12.00 予告編を紹介
動画ニュース ライブ!18.45 カルチャー・コーナーで紹介
動画ニュース ライブ!
動画ニュースライブ! BLOG