ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション3の日本国内での出荷台数が1月16日に100万台を突破したと発表した。北米でも2006年末までに100万台を出荷したことが発表されている。

 プレイステーション3についてはネットワークサービスが標準で提供されているのも特徴だが、「グランツーリスモHDコンセプト」のダウンロード数が12月24日からの20日間で日米合計30万を超えたということで、ネットワークサービスの利用も順調に進んでいるようだ。

■関連ニュース
デコオンライン、今後の運営方針を発表
ラグナロクオンライン、「200万ID突破!感謝祭!」第二弾を開催
βテスト迫る! モンスターハンターフロンティア オンライン最新情報
オンラインゲーム一週間「新作ラッシュの陰で終わりを迎えた期待作」