(c) いのまたむつみ (c)2000-2005 NBGI Powered by DWANGO

写真拡大 (全2枚)

 バンダイナムコゲームスはMMORPG「テイルズ オブ エターニア オンライン」において、2007年3月31日(土)をもってサービス終了すると発表した。

 「テイルズ オブ エターニア オンライン(TOEO)」は家庭用ゲーム「テイルズ〜」シリーズをベースとしたMMORPG。原作そのままにアクション性のある戦闘を楽しむことが可能。月額+アイテム課金の形式でサービスが行われていた。

 この決定により、「TOEO」は2006年3月3日(金)〜2007年3月31日(土)の約1年の歴史を閉じることとなる。終了の理由に関しバンダイナムコゲームスは、「諸般の事情」とのみコメントしている。

 これに伴い、1月12日(金)に「かんたんおためし7日間無料体験!」キャンペーンと、利用権「エターニアパスポート」の自動継続販売が終了。1月29日(月)14時にアイテムショップが閉鎖。同日24時に「エターニアパスポート」30日利用権販売と「エターニアパスポートコード」の入力受付が終了する。

 1月29日(月)時点で有効な利用権を持っていれば、残り日数に関わらず2月28日(水)までプレイ可能に。続く3月1日(木)〜3月31日(土)までは無料期間となり、2月28日(水)の時点で「TOEO」のゲームIDを持っていれば料金無しでプレイが可能となる。終わる世界に別れを惜しみ、旧交を温めたり普段やれないことを試したりするのも一つの手だろう。

 終了に向かう「TOEO」だが、1月以降も通常通りにイベントが行われる。「TOEOサイドストーリー」の7話と最終話がスタート。チョコとキャンディを気になる人に贈る「バレンタインウェディング」「ホワイトデー 〜つながる想い〜」、最終イベントとなる「ラストイベント 〜光の橋へ〜」の開催が予定されている。

 2004年10月に発表され、2005年7月よりクローズドβテストがスタート。2006年3月から正式サービスが開始される……と波乱の道のりを歩んだ「TOEO」。家庭用で人気のドル箱タイトルのサービス終了は、家庭用ゲームとオンラインゲームの性質の違いを問いかけることとなりそうだ。

■関連ニュース
DS用「ぷよぷよ!」の不具合交換を行う専用窓口が開設
オンラインゲーム一週間「プレイヤーが決められない、世界の終わる日」
RF online、2007年2月28日でサービス終了
オンラインゲーム一週間「明暗を分けるネットワーク効果」
なつゲー、2007年3月30日でサービスを終了