スクウェア・エニックスは、同社のオンラインゲームの「Windows Vista」対応に関してのコメントを発表した。

 次世代のWindowsが「Windows Vista」だが、スクウェア・エニックスが運営している「ファイナルファンタジーXI」「フロントミッションオンライン」の2タイトルに関して、「プレイオンラインビューアーおよびプレイオンライン対応コンテンツが動作しないことを確認」しているとコメントしている。

 現時点では「インストールメニューが起動しない」「プレイオンラインビューアーが起動しない」という問題点が確認されており、プレイオンラインビューアーが起動しない場合はゲームをプレイすることができない。

 この問題に関し、スクウェア・エニックスは『弊社では引き続きマイクロソフト株式会社と協力してこの問題の解決に取り組んでまいりますが、動作検証に時間を要するため、「Microsoft Windows Vista」日本語版への対応は、製品版発売後になる見込みとなっております。』とコメントしている。

 「ファイナルファンタジーXI」「フロントミッションオンライン」をプレイしている人は、原因究明まで「Windows Vista」へのアップデートは控えた方がよさそうだ。

■関連ニュース
世界最大のPCメーカーが日本のゲーマーに急接近!『デル ゲーマーズチャレンジinアキバ』
Xbox360「Gears of War」、マップパックの無料配信を開始
アニス&フリッキー、3つのインスタンスダンジョンが追加
モンスターハンターポータブル2nd、2月22日に限定版パックを発売