青木真也は驚異的な強さでPRIDE3連勝を達成
12月31日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催された『PRIDE男祭り2006』。

第2試合では青木真也vsヨアキム・ハンセンの一戦が行われた。

ウルフルズのバカサバイバーで入場した青木は、セコンドの今成正和と抱き合い、長谷川秀彦らと握手。リングに上がると、レインボーのマウスピースとロングスパッツを披露した。

試合はハンセンの蹴り足をキャッチした青木が一気に倒して得意のグラウンドへと持ち込み、パウンドを放つ。ガードポジションからパスガードを狙い、ハーフガードからマウントへ移行するや、返そうとしたハンセンにタイミングよく腕ひしぎ十字固めを狙う。これをなんとかディフェンスしたハンセンだったが、青木はすかさず三角絞めの体勢へ。そのまま自分の左足の脛でハンセンの頚動脈を圧迫。PRIDEのフィニッシュとしては極めて珍しいフットチョークで強豪ハンセンを退けた。

試合後の青木は「PRIDEも修斗も総合格闘技最高です」と叫ぶや、退場時には歓喜の涙を流した。

『PRIDE男祭り2006』全試合結果一覧へ

PRIDEオフィシャルサイト