郷野が近藤下し、5年越しのリベンジを達成!
12月31日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催された『PRIDE男祭り2006』。

第3試合では郷野聡寛vs近藤有己の一戦が行われた。赤いアフロヘアに日本ハムのユニフォーム(胸には“GRABAKA”)で登場した郷野。テーマ曲が『とんぼ』に代わると、Dynamite!!を意識(?)してか清原和博ならぬ、リトル清原さんを呼び込んだ。

試合は、距離を詰める近藤が左ミドルを放つ。後退しながらもパンチを返す郷野は、近藤の蹴り足を掴んで倒すと、ガードポジションからパウンドを落とす。スタンドに戻ると、お互いにロー、ミドル、パンチを打ち合うも、両者の高いディフェンス能力と軽いフットワークにより決定打を与えない展開に。

2R、いきなり飛び膝蹴りをみせる近藤。郷野も押し倒すようにテイクダウンを奪うも、近藤は隙をみて立ち上がる。その後も、お互いの打撃を寸前でかわし合うハイレベルな闘いが続いくも、最後は2R時間切れ。判定では2-1と僅差で郷野が勝利。5年前、パンクラスの試合で敗れた近藤にリベンジを果たした。

『PRIDE男祭り2006』全試合結果一覧へ

PRIDEオフィシャルサイト