ショーグン相手に驚異的な粘りをみせた中村も、その決意は届かず
12月31日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催された『PRIDE男祭り2006』。

第4試合では中村和裕vsマウリシオ・ショーグンの一戦が行われた。
坊主で現れた中村は気合い十分。試合は序盤からショーグンが飛び込んでは蹴りを放つ。これを凌いだ中村。ショーグンは組み付いてテイクダウンを狙うも、中村は倒れない。随所によい動きをみせる中村は、スタンドに戻ってもワンツーからアッパーで反撃する。1R終盤には、ショーグンも肩固め、スリーパーで追い込むも、中村は幾度も窮地を凌ぐ。

2R、開始早々、中村が左のパンチを放ちながら飛び込む。1R同様にグラウンドへと引きずり込むや得意の顔面蹴りを狙うショーグンだったが、中村も決め手を与えない。3R、気合いを入れなおした中村は、ワンツーから左ジャブでショーグンをぐらつかせる。しかし、またしても中村はテイクダウンからマウントを奪われる。スイープして立ち上がろうとする中村だったが、ショーグンはガードのポジションから踏みつけを狙う。

最後はニーオンザベリーからパウンド、サイドポジションを奪っては膝蹴りとショーグンの攻撃が目立つが、残り30秒、なんとか立ち上がった中村が余力を振り絞ってワンツー、フックで勝負をかけるも最後は時間切れ。

判定の結果、3-0でショーグンが勝利をあげた。

ショーグン兄、ニンジャが都内でサイン会!
『PRIDE男祭り2006』全試合結果一覧へ

PRIDEオフィシャルサイト