吉田に何があったのか?試合後はノーコメントで病院へと直行した
12月31日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催された『PRIDE男祭り2006』。

第8試合では吉田秀彦vsジェームス・トンプソンの一戦が行われた。試合は開始早々、トンプソンのゴング&ダッシュ。これを受け止めた吉田が払い腰でテイクダウン。下から腕十字、アキレス腱固めを狙う。

吉田のアキレス腱固めに苦痛の表情をみせるトンプソンだったが、必死のディフェンスで難を逃れる。スタンドへ戻ると、吉田がパンチでラッシュをかける。苦し紛れにタックルへきたトンプソンだったが、グラウンドでは吉田のアームロックが極まる。再び脱出に成功したトンプソンが、スタンドへ戻るとパンチで反撃。吉田からダウンを奪う。

更に、トンプソンのタックルで吉田はロープ外のエプロンサイドに転落。頭を打ちつけ、首を痛めたのか、ここで吉田が急激に失速。動きが完全に止まると、トンプソンがコーナーへ詰めてパンチ&膝蹴り。吉田が倒れて、マウントポジションを奪われたところでセコンドの高阪剛がタオルを投入。吉田のTKO負けとなった。

試合後の吉田は、動くことができず担架に乗せられ首を固定されながらの退場となった。

『PRIDE男祭り2006』全試合結果一覧へ

PRIDEオフィシャルサイト