雨雲の様子(livedoor 天気情報)

写真拡大

強い冬型の気圧配置が続き、北日本や東日本の日本海側では29日夜まで、西日本の日本海側では29日昼前まで、非常に強い風が吹き、海上は大しけの見込み。また、30日朝にかけて北陸や東北の日本海側を中心に大雪となる恐れがあり、気象庁は、暴風や高波、大雪に警戒を呼びかけている。

 東北地方の上空約5000メートルに氷点下36度以下の強い寒気が入り、日本付近は強い冬型の気圧配置が続いている。北日本から西日本の日本海側の広い範囲で雪が降っており、東海地方では平野部でも雪となっている。西日本と北海道は今夜以降、雪が弱まるが、北陸や東北の日本海側では明日にかけても強い雪が続くとみられる。
 
 今後、冬型の気圧配置は徐々に緩むため、現在吹いている強い風と海上の大しけの状態は今夜以降次第に収まる見込み。29日夜にかけて予想される最大風速は、東北地方の日本海側と北陸地方の海上で20−25メートル、陸上で15−20メートル、北海道地方の日本海側と近畿北部、山陰の海上で20メートル、陸上で15メートル。波の高さは、北海道および東北地方から中国地方にかけての日本海側、関東地方(伊豆諸島)6−8メートルと予想されている。【了】

■関連コンテンツ
livedoor 天気情報

■関連リンク
気象庁(気象警報・注意報)