左から、サービス・プロダクト企画本部 ネットワークサービス企画部 BBネットサービスグループの庵原武彦グループリーダー、池田大樹課長
 RBB TODAY主催の「ブロードバンドアワード」では、100%ユーザー投票によるキャリア、プロバイダの年間ランキングを毎年公表している。2008年のキャリア・スピード部門の関東地区1位はKDDIの「ひかりone」だった。関東地区は東京、神奈川、千葉、埼玉といったFTTH激戦区であり、ブロードバンド比率も突出して高い。ここでのキャリア・スピード部門1位という結果は注目に値する。

 その秘密は単にスピード性能だけではない、固定回線からモバイル回線までをカバーするFMBCサービスのバランスによって成り立っていた。アワード受賞を記念して、最大1Gbpsの「ギガ得プラン」のサービス内容や現状について、サービス・プロダクト企画本部ネットワークサービス企画部 BBネットサービスグループのグループリーダー・課長 庵原武彦氏、課長 池田大樹氏、課長補佐 梶利津子氏に聞いた。

――「キャリア・スピード部門」最優秀賞受賞おめでとうございます。まず、昨年スタートした「ギガ得プラン」ですが、契約数やユーザーの反応はどうでしょうか。

庵原氏:ありがとうございます。おかげさまで一定の評価をいただいていると思っています。最大1Gbpsの「ギガ得プラン」を昨年10月から、関東エリアと北海道エリアの一部で開始しましたが、順調に契約数を伸ばしています。

 契約数について公表している数字としては、固定通信事業のFTTHの契約数が100万(※2008年12月末で約103万契約)に達するなど、「ギガ得プラン」効果もあり、2009年3月期の第3四半期の獲得数は、過去1年間の四半期平均比1.4倍の伸びを示しています。

池田氏:「ギガ得プラン」にご加入済みの一部のお客さまが、ブログや掲示板などにさまざまな評価を書き込んでくださっているようです。弊社のホームページでも情報提供は行っているのですが、たとえばWindows Vistaでのパケットサイズの変更方法など、活発な議論と情報交換がなされているようです。正直なところ、インターネットのご利用にあたって1Gbpsの帯域が必須というわけではないので、「ギガ得プラン」がどのような評価を受けるか心配だった面もありますが、最近ではIE8のダウンロードがほんの数秒で終わったというような書き込みや反応をいただいております。

庵原氏:もっと一般的なユーザー層でも、ファイルダウンロードやストリーミングでの速度改善を体感できたという反応も聞いています。これは、それまでの契約と「ギガ得プラン」の実効速度との差を体感できたということでしょう。

――アップロードについてはどうでしょうか。

池田氏:現在のところ、KDDI側では特に上下非対称にするといった制御は加えていませんので、上りも最大1Gbpsをご利用いただけます。お客さま側での動画ファイル等のアップロードが普及してきているなか、上りについても下り同様にその速度を体感できているのではないでしょうか。

――大手キャリアが1Gサービスを始めたということで「ギガ得プラン」が業界に与えたインパクトは大きいのではないでしょうか。

庵原氏:ベストエフォートとはいえ、当初はサービス速度に1Gbpsを謳うことはどうなのか、とKDDIという企業ポジションからも考えました。最終的には、ベストエフォートや回線の実効速度に対する認識は市場と共有できるだろうと判断したわけですが、悩んだ分だけのインパクトはあったと思います。しかし、それ以上に実質値下げともいえる料金プランとセットにしたことへの反応のほうが大きかったようです。これは、業界内だけでなく消費者にもうまくアピールできたと思っています。これまで速度性能などには関心が低かった主婦層などへの訴求がしやすくなったというものがあります。