アドビ システムズ、日本電気(NEC)、UFJ日立システムズ(UHS)の3社は3日、三菱東京UFJ銀行に対し、「事務ナビゲーションシステム」を共同で構築したことを発表した。

 このシステムは、銀行の店舗や事務センターで行う諸届・相続・差押などの事務処理を効率化するのが目的で、2008年12月より全国約700の有人店舗へ導入し、国内最大級の事務支援システムとして利用されている。3か月を経た現在、業務効率に関わる多くの効果が確認できたとして公表された。

 「事務ナビゲーションシステム」は、勘定系ホストなどの既存システムからリアルタイムで諸届・相続・差押などの事務に必要な顧客データなどを取り込み、このデータをもとに適切な手続きを自動で判断し、必要な事務処理をステップごとに画面上でナビゲーションするシステムとなる。このシステムは、NECのシステム構築統合開発基盤「SystemDirector Enterprise(システムディレクターエンタープライズ)」を用いて短期間で構築され、クライアント端末にはアドビシステムズの「Adobe Flex Builder」を用いることで、視覚的にわかり易い画面と優れた操作性を実現したという。これらリッチインターネットアプリケーション(RIA)開発には、「SystemDirector Enterprise」に対応した「Adobe Flex Builder」と、クライアント・サーバ間のデータ通信の高速化を実現する「Adobe LiveCycle Data Services」が採用。Flexでは、従来サーバ側で行っていた画面出力用のデータ編集処理をクライアント側で実行することにより、処理の効率化が図られた。

 三菱東京UFJ銀行では、諸届・相続・差押などの事務は、顧客の口座属性情報に応じて、受け入れ書類や実行すべきオペレーションの選択肢が多岐にわたるという特徴があり、複雑な事務として位置づけられている。新システムの利用により、画面の誘導に従いオペレーションを実行し、顧客から必要な書類を受け入れることで事務処理ができるため、高度な業務ノウハウや法的知識などを必要とする複雑な事務をスキルや経験などに左右されず均質に処理することが可能となったという。

■関連ニュース
富士通、みずほ銀行のデジタルサイネージシステムを本格展開
荘内銀行、セキュアブレインのフィッシング対策「PhishWall」を採用
NTTデータ、あらたな「地方銀行向け共同センター」の開発に着手
セキュアブレイン、SaaS型セキュリティサービス「gred」の販売を開始
KDDI「au oneおこづかい」、auポイントプログラムへの交換が可能に