「ひかりdeトーク(S)」サービス概要図
 ビック東海は30日、ソフトバンクテレコムとの協業により、ビック東海のIP電話事業として、CATV用光幹線を活用したFTTHサービス上で、従来の加入電話番号(0AB〜J番号)で利用できる固定光電話サービス「ひかりdeトーク(S)」を4月1日から提供開始することを発表した。

 「ひかりdeトーク(S)」では、静岡県東部および、中西部で展開するビック東海のFTTHインターネットサービス「ひかりdeネット」の加入者にIP電話サービスを提供し、加入者間のみならず、ソフトバンクグループが提供するIP電話サービス(BBフォン、BBフォン光、BBコミュニケーター、ケーブルライン)への通話が無料となる。月額料金は525円(税込)。緊急通報、フリーダイヤルへの通報も可能なほか、現在利用中の加入電話番号を利用可能。

■関連ニュース
【インタビュー】2009年度は100万契約突破を目指す その先は新規事業も――ケイ・オプティコム
ソフトバンクBB、岡山県美咲町の「町内無料電話」網のためBBコミュニケーター3,000台を一括導入
NEC、直販サイトの運営会社を変更――3月31日〜4月1日にサイトサービスを一時停止
【インタビュー】単なるISPではなくBSPとして生まれ変わる――NTTぷらら代表取締役社長 板東浩二氏
NTT Com、「Biz Communicator」USBソフトフォンの機能を強化 〜海外からの発着信や電話会議に対応