LCD-AD193X
 アイ・オー・データ機器は、WXGA+(1,440×900ピクセル)表示に対応する19V型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD193X」シリーズを発表。4月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は17,800円。

 同製品は、光沢のないノングレアパネルを採用し、解像度1,440×900ピクセルに対応する19V型ワイド液晶ディスプレイ。インターフェースはミニD-sub15ピンのほかにHDCP対応DVI-D端子を搭載するので、著作権保護された地デジ番組なども表示可能。応答速度は5msで動きのある映像もクッキリ映し出すという。

 一定時間使用しない場合にディスプレイの輝度を落として節電状態にする統合節電ユーティリティ「エコ番人」に対応。同社ホームページで無償ダウンロードできる。また、消費電力が27Wの「ECOモード」、映像の縦横比を維持したまま拡大表示する「アスペクト比固定拡大」機能などを備える。

 最大輝度は300cd/m2。コントラストは1,000:1。視野角は上下160度/左右170度。チルト角は上20度/下5度。スピーカーは1W×2。本体サイズは幅439×高さ365×奥行き179mm、重さは4kg(スタンドあり)。付属品はアナログ接続ケーブル(1.5m)/デジタル接続ケーブル(2m)/オーディオケーブル(1.8m)/ACケーブル(1.8m)など。 カラーはホワイト/ブラックの2色。

■関連ニュース
ALL-IN-ONEタッチスクリーンPC「Eee Top」の発売日が4月4日に決定
パナソニック、ハイビジョン動画撮影対応のデジタル一眼カメラ
サンコー、24V型ワイド液晶ディスプレイ対応のディスプレイ用アーム――2モデル
アイコンが光る! アイリバー、1.8型液晶のコンパクトオーディオプレーヤー
ベンキュー初の日本向け液晶ディスプレイ内蔵型デスクトップPC