「WiMAX Wi-Fiゲートウェイセット」
 UQコミュニケーションズは27日、高速モバイルデータ通信「UQ WiMAX」サービスにおいて、「WiMAX Wi-Fiゲートウェイセット」の無料モニター募集を発表した。

 「WiMAX Wi-Fiゲートウェイセット」は、Wi-Fiへの変換機能と取り外し可能なUSBタイプのデータ通信カード機能から構成されており、屋内ではWi-Fi接続経由でWiMAXネットワークに接続が可能になるとともに、外出時はUSBタイプのデータ通信カード単体として利用できる。有償販売については未定。

 募集期間は4月3日10時〜4月12日24時。モニター期間はWiMAX Wi-Fiゲートウェイセット到着時〜6月30日となる。モニター期間中、WiMAX Wi-Fiゲートウェイセットが1000名に無償貸与されるので、モニター期間中に実施するアンケート、グループインタビューなどに協力する形となる。

 条件は「UQ WiMAX」サービスに契約できること、東京23区・横浜市・川崎市に居住する満20歳以上の個人となる(本人名義のクレジットカ ードが必要)。なお2009年2月実施の「UQ WiMAX」サービスモニターの当選者は応募できない。4月20日頃にEメールにて通知後、WiMAX Wi-Fiゲートウェイセットを4月中に順次発送するとのこと。モニター期間終了後、「UQ WiMAX」サービスを継続して利用する場合は7月1日時点で、貸与したWiMAX Wi-Fiゲートウェイセットは無償譲渡される。継続利用しない場合は、返却する必要がある。お試し期間中は登録料と基本使用料は無料だが、モニター期間終了後の2009年7月1日以降は基本使用料がかかる。なおすでにデータ通信カードを購入して、UQ WiMAXサービスを利用中でも条件に当てはまる場合は応募可能。モニター参加の場合、既存の契約者IDとは別の契約者IDがあらたに付与され、2契約となる。

 「WiMAX Wi-Fiゲートウェイ」(WiMAX Wi-Fi GATEWAY UG01OK)は約120mm×約35mm×約90mm(突起物を除く)、約150g(ゲートウェイ本体のみ)。IEEE 802.11b/g準拠でWEP(64/128bit),WPA-PSK,WPA2-PSKによる通信暗号化、MACアドレスフィルタリング、SSIDの隠蔽に対応する。データ通信カード部分(WiMAX USB TYPE UD01OK USB2.0準拠)は約35mm×約15mm×約74mm(USBコネクタ収容時、突起物を除く)、約30g。Windows Vista32bit版、Windows XP32bit版(Service Pack2またはService Pack3)日本語版に対応する。

■関連ニュース
嶺南ケーブルネットワーク、福井県敦賀の地域WiMAXサービスを本格スタート
ベリサインのPKI認証サービス、WiMAXのセキュリティ基盤として選定
【WiMAXスピード Vol.3】おぉっ自宅でも繋がった――基地局はどこ!?
NEC、世界最高レベルの効率を実現した無線基地局用送信アンプを開発 〜 LTE商用装置、WiMAX基地局などに採用
ハートWiMAX、2009年4月1日よりサービス開始 〜 愛媛県新居浜を中心に展開