SP AF 60mm F/2 Di II Macro 1:1
 タムロンは、APS-C相当の撮像素子を搭載するデジタル一眼レフカメラ専用のマクロレンズ「SP AF 60mm F/2 Di II Macro 1:1」(型番:Model G005)を発表。発売日と価格は未定だ。

 同製品は、APS-C相当の撮像素子を搭載するデジタル一眼レフカメラ用で、等倍撮影が可能なマクロレンズ。キヤノン、ニコン(AFモーター内蔵レンズ)、ソニー用を用意する。焦点距離は35mm判換算で93mm相当。開放F値は、同クラスのマクロレンズよりも1段明るいF2を実現したことにより、大きく柔らかなボケ味を堪能できるという。また、第一群に大型LD(異常低分散)レンズ2枚を採用しており、色収差などの諸収差を徹底補正し高画質化を図っているという。

 ワーキングディスタンス(レンズ先端から被写体までの距離)を100mmに設定してあり、被写体との距離を適度に保てる。これにより、レンズ鏡筒の影がフレーム内に入ることが少なくなり、さらに昆虫撮影をする場合など逃げられてしまう心配が少なくなる。また、レンズ目の反射を抑える新BBARマルチコーティング、ヌケの良い描写と優れた色再現性を可能とするインターナル・サーフェイス・コーティングなどを採用し描写性能にこだわっている。

 機能面では、フォーカシング時に全長が変化しないインターナル・フォーカス方式、AF撮影時でもスイッチを切り替えることなくMF調整ができるフルタイムマニュアル機構、しっとりした手ごたえのフォーカスリングなど、マクロ撮影に便利な機能がきちんと備わっている。

 レンズ構成は10群14枚。絞り羽根は7枚。最短撮影距離は0.23m。最大撮影倍率は1:1。フィルターサイズは径55mm。本体サイズは径73×長さ80mm。付属品は丸型フードなど。

■関連ニュース
蛇のようにクネクネ曲がるデジカメ――実売7,999円
リコー、ファイル保管サービス「quanp」のプライベートベータテストを米国で開始
肌や口内、歯、頭髪チェックなど多彩な撮影を1台でこなすマイクロスコープ――実売9,800円
カシオ、高速連写性能搭載のコンパクトデジカメ「HIGH SPEED EXILIM EX-FS10」の発売日を決定
フリービット、USB接続できるデジタル機器をサーバ化する「ServersMan mini」を開発 〜 PCに差すだけでネット公開など