「ノートン オンラインバックアップ」製品紹介ページ(画像)
 シマンテック コーポレーションは24日、ファイルや電子資産を自動的に安全に保管し、簡単にアクセス可能なオンラインバックアップサービス「ノートン オンラインバックアップ」を発表した。

 「ノートン オンラインバックアップ」は、ノートンによる初のコンシューマ向けWebベースのサ−ビスで、同日よりシマンテックストア(www.symantecstore.jp)で販売開始となる。「ノートン オンラインバックアップ」は、デジタル写真、重要な財務書類、音楽のコレクション、過去の電子メールなどを、Webサイト経由でどこからでも簡単にバックアップできるようにするサービス。25GBのオンラインストレージが提供され、楽曲なら6,000曲、デジタル写真なら7,000枚、動画コンテンツなら100時間、Excelファイルなら200,000件程度を保存できる容量となる。デスクトップエージェントを導入すると、リモートアクセス可能な1つのアカウントを通じ、一括して家庭内のコンピュータ5台までの安全なバックアップ、管理、復元が可能となる。

 そのほか、PCを使用していないアイドル時、またはユーザが設定するスケジュールに基づいて自動バックアップを実行、データ圧縮による高速送信およびブロックレベルの増分バックアップ、インターネットに接続できる任意のコンピュータからバックアップ設定をリモート管理可能、すべてのファイル転送時にファイルを保護する高いレベルでの暗号化などに対応する。価格は1年間25GB 6,480円(税込)で、家庭内の5台までのPCからの利用が可能。また、ストレージスペースは、10、25、50、100 GB単位で追加購入が可能で、それぞれ、6,480円、8,480円、15,980円、29,480円(税込)となる。

■関連ニュース
日本HP、データ保護ソフトウェア「HP Data Protector」最新版を発表〜仮想環境バックアップを実現
アイロンマウンテンデジタル、オンライン・サーババックアップサービス「LiveVault」発売
KDDI Web Com、マネージド専用レンタルサーバ「Managed Plan(全8プラン)」を発表
日立、「BladeSymphony」のブレードサーバラインアップなどを強化!
仮想化時代のストレージ戦略――ガートナー 鈴木雅喜氏