疑惑の判定となった8月の世界戦後、亀田兄弟の父・史郎氏と大激論を繰り広げたやくみつる氏は、テレビ朝日の「スーパーモーニング」に出演。今回に初防衛について「渋い(苦笑の)試合でございました。まあ、勝ちは勝ちですからね」と、煮え切らない表情で話した。判定になったものの、前回のような疑惑は感じさせなかったため「噛み付くほど材料があるわけでない。見せ場にはかけたが、(噛み付くには)拍子抜けはしてる」と勝利を“やく流”で讃えた。
 また、史郎氏についても「亀親父が(バッシングの)壁になりながら、割りに外堀じゃなくて、本丸に近い所で、それは認めます。これで草木もなびくような、いい人になるのはちょっと悔しいような…」と、コメントした。

やくみつる、亀田父を挑発 - livedoorスポーツ