BD-HDW40
 シャープは、HDD搭載Blu-ray Discレコーダー「AQUOSブルーレイ」の新モデルとして、ダブル地デジチューナー搭載のHDD容量1TBモデル「BD-HDW40」、500GBモデル「BD-HDW35」、320GBモデル「BD-HDW32」、シングル地デジチューナー搭載で320GBモデル「BD-HDS32」を発表。BD-HDW40、BD-HDW35、BD-HDW32は3月27日、BD-HDS32は4月27日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はBD-HDW40が210,000円前後、BD-HDW35が160,000円前後、BD-HDW32が130,000円前後、BD-HDS32が100,000円前後。

 4製品は、高画質・高効率圧縮技術「MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダー」方式を採用し、デジタル放送の画質をそのまま記録するDRモードに比べて、7倍の長時間フルHD録画を行える「フルハイビジョン高画質7倍録り」を搭載。2層(50GB)のBlu-ray Discに、フルHD画質で30時間以上録画できる。

 また、「2倍モード」「3倍モード」の録画時でも番組連動データとサラウンド音声をそのまま記録できる「長時間まる録りハイビジョン」や、HDDにDRモードで録画したハイビジョン番組をBlu-ray Discの残量に合わせて12段階の画質から自動的に変換しフルHDのままダビングできる「ハイビジョンジャストダビング」などの機能を装備。BD-HDW40/35/32は、USBケーブルで接続したAVCHD方式のデジタルハイビジョンビデオカメラから映像を取り込める「ハイビジョンデジタルカメラ取り込み」に対応する。

 そのほかの機能として、番組の予約情報をあらかじめBD-REディスクに書き込める「BDディスク予約」、再生する映像に応じて最適な画質に自動調整する新「AQUOS純モード」、HDMIケーブルで接続した液晶テレビ「AQUOS」と連携して操作できる「AQUOSファミリンク」、待機時の消費電力を約0.2Wに抑える「エコモード」などを備える。

 4製品のそのほかの仕様は以下のとおり。

●BD-HDW40
・HDD容量:1TB
・録画可能メディア:BD-R/-RE、DVD-R/-RW/-R DL
・出力端子:HDMI/S映像/D映像/コンポジット/光デジタル音声/アナログ音声×2
・入力端子:S映像×2/コンポジット×2/アナログ音声×2
・そのほかのインターフェース:i.LINK/USB/LAN端子/モジュラー端子
・本体サイズ:幅434×高さ76×奥行き299mm
・重さ:5.9kg

●BD-HDW35
・HDD容量:500GB
・録画可能メディア:BD-R/-RE、DVD-R/-RW/-R DL
・出力端子:HDMI/S映像/D映像/コンポジット/光デジタル音声/アナログ音声×2
・入力端子:S映像×2/コンポジット×2/アナログ音声×2
・そのほかのインターフェース:i.LINK/USB/LAN端子/モジュラー端子
・本体サイズ:幅434×高さ67×奥行き299mm
・重さ:4.9kg

●BD-HDW32
・HDD容量:320GB
・録画可能メディア:BD-R/-RE、DVD-R/-RW/-R DL
・出力端子:HDMI/S映像/D映像/コンポジット/光デジタル音声/アナログ音声×2
・入力端子:S映像×2/コンポジット×2/アナログ音声×2
・そのほかのインターフェース:i.LINK/USB/LAN端子/モジュラー端子
・本体サイズ:幅434×高さ67×奥行き299mm
・重さ:4.6kg

●BD-HDS32
・HDD容量:320GB
・録画可能メディア:BD-R/-RE、DVD-R/-RW/-R DL
・出力端子:HDMI/S映像/D映像/コンポジット/光デジタル音声/アナログ音声
・入力端子:S映像/コンポジット/アナログ音声
・そのほかのインターフェース:i.LINK/モジュラー端子
・本体サイズ:幅434×高さ67×奥行き299mm
・重さ:4.6kg

■関連ニュース
Blu-rayレコーダー、買うならメーカーどこにする?
Blu-ray Discプレーヤー搭載の8.9V型ワイド液晶ポータブル地上デジタルテレビ、パナソニック
PCに接続してBlu-ray Discを楽しめるポータブルDVDドライブ
実売40,000円――シャープ、1,080/24p出力対応のBlu-ray Discプレーヤー
BLUEDOT、USB端子を搭載する薄型Blu-ray Discプレーヤー