PENTAX X70
 HOYAは3日、「PENTAX」ブランドのデジタルカメラとして、光学24倍ズームレンズを搭載する有効1,200万画素の「PENTAX X70」を発表。3月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円台半ば。

 同製品は、「コンパクト」と「一眼レフ」をクロスオーバーするという意味の“X”を名づけられたデジタルカメラ。同社コンパクトデジカメシリーズ「Optio」の名前を冠さないところに、従来のコンパクトとは異なる製品ポジションであるという意味が含まれているという。広角26mm から超望遠の624mm(35mm判換算)に相当する光学24 倍の高倍率ズームレンズを搭載。光学ズームと同等の画質を維持したままで画像を拡大できる「インテリジェントズーム」機能を備え、最大で約150倍(35mm判換算で約3,900mm)相当の高倍率ズーム撮影もできる。

 最高約11コマ/秒、最大21コマの高速連写が可能で、移動する被写体にピントを合わせ続ける「自動追尾AF」機能を装備。手ぶれしやすい撮影条件でも手ぶれを抑えて撮影できる撮像素子(CCD)シフト方式の手ぶれ補正機構「SR(Shake Reduction)」や、1,280×720ピクセルの動画撮影時の手ぶれをソフトウェアで補正する「Movie SR」機能を搭載する。

 そのほかの機能として、撮影シーンに合わせてシャッタースピードや絞りを設定できる「露出設定」モード、「風景」「花」「スポーツ」など7種類の撮影シーンを認識して自動で選択する「オートピクチャー」、最大32人の顔を検出しピント合わせや露出設定を最短0.03秒で行う「顔認識AF&AE」を搭載する。

 有効画素数は1,200万画素。撮像素子は1/2.33型CCD。レンズ構成は11群14枚。焦点距離は35mm判換算で26〜624mm。開放F値はF2.8〜5.0。ズームは光学24倍/デジタル6.25倍/インテリジェント31.3倍(7M時)・150倍(640時)。感度はISO50〜6400。ディスプレイは2.7型高精細液晶。内蔵フラッシュメモリは33.6MBで、外部フラッシュメモリはSDメモリーカード/SDHCカード。バッテリはリチウムイオン充電池で、バッテリ寿命は静止画が約170枚/再生時間が約200分。本体サイズは幅110.5×高さ82.5×奥行き89.5mm。重さは390g。付属品は、バッテリ充電器/ACコード/USBケーブル/AVケーブル/ストラップ/レンズキャップなど。

■関連ニュース
シグマ、デジタル一眼レフと同じセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラの新モデル
HOYA、最薄部16.5mmの1,200万画素コンパクトデジカメに2つの新色
ビックカメラ、ヨーロピアンモデルのオリンパス製デジタルカメラを国内独占販売
ソニー、「ブラビア」新シリーズ「くっきり・なめらか」画質の液晶テレビ・全6モデル
リコー、Webサービス「quanp」専用アプリのデザインコンテストを開催