アルコール飲料の広告に関する意識調査
 日常的に目につくアルコール飲料のCMや広告。これらの広告は消費者の購買意欲にどのくらい影響を及ぼしているのだろうか。アイシェアがアルコール飲料の広告に関する意識調査を実施、20代から40代を中心とするネットユーザー男女500名に調査し回答を集計した。

 アルコール飲料のCM・広告を見て飲んでみたいと思ったことが「ある」のは全体の54.8%。20代49.1%、30代54.7%、40代59.1%という結果で、どの年代もほぼ半数の人がCMや広告の影響を受けていることがわかった。

 アルコール飲料のCM・広告を見て飲んでみたいと思ったことがある人に、そのアルコール飲料は何かを複数回答してもらったところ「ビール・発泡酒」が64.2%で最も多く、「缶チューハイ」が50.7%で2位、以下、少し数値が低くなり、「缶や瓶のカクテル(34.7%)」、「ワイン(22.3%)」、「果実酒(19.7%)」と続いた。

 広告を見て飲みたくなった理由は、「商品の映像・画像が美味しそうだったから」が64.2%で最も多く、「出演者が美味しそうに飲んでいたから(45.3%)」が続いた(複数回答)。また、「おしゃれなイメージのCM・広告だったから」は、30代(16.4%)、40代(6.8%)では少数だったが、20代では39.3%が理由にあげていた。若者には広告による商品のイメージ創りも重要なポイントであるようだ。

■関連ニュース
過去に戻って勉強し直せるならいつが良い?
女性の3割が使い分け、単なる“知人”にはフリーアドレスを教える
男と女はやっぱり違う〜メアド変えたら誰まで教える?
PCは目に悪い? ネットユーザーの8割近くが「メガネ持ち」
PC起動、電源入れてからどれくらい待たされるとイライラする?