Beat DJ

写真拡大 (全12枚)

 サムスンは27日、都内で「Mobile World Congress」で発表された新機種のうち、注目の高かったモデルを日本で紹介した。ここではその「Ultra TOUCH」「OMNIA HD」「BEAT DJ」「BEAT DISC」といった4機種を写真で紹介しよう。

●BeatDisk
スライド式キーパットとタッチスクリーンデバイスが組み合わされている。Bang&OlufsenのICEpowerアンプや、曲の認識、タギングなどのミュージックアプリケーションを内蔵。

●Beat DJ
BEAT DJアプリケーションとDISCユーザーインターフェースを利用して。好きな曲に自分の声やサウンドエフェクトを加えることが可能。画面上でレコードを「スクラッチ」することで、オリジナルの音楽を創り出すこともできる。50MBの内部メモリを内蔵し、外部メモリカードスロットを使用すれば、最高16GBまでメモリを拡張することができる。

●OMNIA HD
720P HD動画録画・デコード機能を搭載し、携帯では最大の3.7インチ有機ELディスプレイを採用。初のSymbian OSフルタッチ携帯端末。

●UltraTOUCH S8300
2.8インチの有機ELディスプレイを装備し、12.7mmのスリムボディ。デュアルパワーLEDフラッシュ採用の800万画素カメラ、GPSナビゲーション機能、ミュージックプレーヤーを搭載する。フルタッチ・ユーザーインターフェースと一般的なキーパッド操作に対応する。

■関連ニュース
【ビデオニュース】これがサムスンの新端末!プレミアム・フルタッチモバイル!!
2009年はタッチ式の携帯だけで1億台を目指す――サムスン
今週末限定で「ボディガード」の冒頭数話が無料に!
アルカテル・ルーセント、4G/LTE/超高速通信に備える「ng Connect Program」を発表
サムスン、太陽エネルギー駆動の携帯電話「ブルーアース」を発表 〜 背面にソーラーパネル搭載