GPS-CS3K
 ソニーは26日、旅行などで移動した位置情報を時刻とともに内蔵フラッシュメモリに自動記録する携帯型のGPSユニットキット「GPS-CS3K」を発表。3月13日より販売する。価格は18,900円。

 同製品は、MS DUO/SDのメディアカードスロットと液晶画面を搭載。本体の操作のみで簡単にGPS位置情報を撮影画像に付け加えることができる。

 PCと付属ソフト「PMB」(Picture Motion Browser)を使用すると、旅行などで撮影した静止画や動画の画像データを旅行の軌跡とともにオンライン世界地図(Google Maps、Google Earth)上に表示して、思い出を楽しむことができる。また「Picasaウェブアルバム」を使用して、地図上に表示した静止画を家族や友人にメールするなどして共有することも可能となる。日本地図ソフト「Super Mapple Digital Ver.9 for Sony(昭文社)」を使って、オフラインで画像データを表示させることもできる。

 GPS受信感度が高く、カバンやポケットに入れて持ち歩くだけで、GPS位置情報を記録する。バッテリの駆動時間も単3形アルカリ電池1本で約15時間となっている。

 おもな仕様として、インターフェースは、メディアカードスロット(MS DUO/SD)/デジタル出力/USB2.0。内蔵フラッシュメモリは128MB。本体サイズは幅57×高さ80×奥行き23mm、重さは70g。付属品は、キャリングケース/USB接続ケーブルなど。

■関連ニュース
富士フイルム、水深3mまで撮影可能な防水・防塵設計で世界最小・最軽量をうたうコンパクトデジカメ
ナイロン素材で機器を保護するコンパクトデジカメ用ソフトケース
6色のカラーバリエーションから選べるコンパクトデジカメ用セミハードケース
オリンパス、フリーアングルライブビューを搭載するデジタル一眼レフカメラ
「IXY DIGITAL」シリーズ春モデル、いよいよ販売開始!