「コミュファ光電話」「コミュファ・光電話オフィスプラス」「CTC IPセントレックスサービス」からの国際通話料金の改定内容
 中部テレコミュニケーションは23日、光IP電話サービス「コミュファ光電話」、法人向けIP電話サービス「コミュファ・光電話オフィスプラス」「CTC IPセントレックスサービス」の通話先に、モンテネグロならびに衛星携帯電話のイリジウムおよびスラーヤへの通話を追加することを発表した。3月1日よりの追加となる。

 通話料金はモンテネグロが142円/分、イリジウム(衛星携帯電話)が378円/分、スラーヤ(衛星携帯電話)が273円/分。

 また4月1日より、「コミュファ光電話」「コミュファ・光電話オフィスプラス」「CTC IPセントレックスサービス」から一部の国・地域への国際通話料金を改定する。対象はメキシコ合衆国(40円/分→78円/分)、東ティモール民主共和国(80円/分→127円/分)、パプアニューギニア独立国(56円/分→80円/分)、朝鮮民主主義人民共和国(80円/分→130円/分)など。

■関連ニュース
コミュファ光、春キャンペーン「ネットも電話も、ケータイも!まとめておトク!キャンペーン」実施
KDDIと研究学園都市コミュニティケーブルサービス、CDNを活用した電話サービスを開始
「au one モバオク」、キャンペーン多数実施 ―― 1円オク、新規入会3か月間無料など
選ばれた美女たちが公開するボディ・データと食事記録! 〜 「au Smart Sports」コラボ企画
KDDI、2009年春モデル12機種を発表 ―― Walkmanフォン、Woooケータイなど明確にタイプを差別化