「ドコモコミュニティ」ロゴ
 NTTドコモは23日、家族を中心に身近な人と写真や日記・メモを共有できるSNSサービス「ドコモコミュニティ」を発表した。月額使用料は無料で、3月2日午前9時より提供開始となる。

 「ドコモコミュニティ」は、ニックネームと生年月日を入力するだけで、登録可能なコミュニケーションサービスだ。日記には、写真や動画を付けて公開可能。スケジュールは、公開するだけでなくメールで相手に通知することもできる。そのほか、質問項目を作って、コミュニティ内のメンバーの意見・要望を確認できる「アンケート」、グループを作って、掲示板・アルバム・スケジュール・アンケートを共有できる「サークル」などにも対応する。

 日記やスケジュール、アルバムなどは、いつでもどこでも作成・共有することができ、公開範囲は「自分だけ」「友達まで」「友達の友達まで」の3段階から選択可能。初期設定は「友達まで」となっており、iモードのメールアドレスを知っている人のみを「友達」として招待できるので、特に公開範囲を変更しなければ、それ以外の人に情報が公開されることはなく、家族の写真などを共有して楽しむことができるという。

■関連ニュース
【「エンジニア生活」・技術人 Vol.26】沖縄で暮らし、東京と仕事をする──レキサス・比嘉広和氏
【インタビュー】Boldの発売で本格普及期に!? NTTドコモのBlackBerry販売戦略
流行りはココから〜クラブミュージック専門の「着うたフル」サイト
NTTドコモ「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」がiモードで管理可能に
ドコモ、企業利用の携帯電話を直接制御できる「ビジネスmoperaコマンドダイレクト」提供開始