MCCIは16日、3G携帯ネットワークとWiMAXネットワーク間での通話およびネット接続をシームレスに実現するワイヤレスデバイスに必要なソフトウェアを開発したと発表した。利用可能な最大の通信速度を意識することなく、3GとWiMAXのデュアルモードを自動的に切り換えて利用することが可能だ。

 この製品は、音声通信およびデータ通信を、端末に搭載されたCDMA通信等からWiMAX通信にシームレスに切り替えるための「ハンドオーバドライバ」。それぞれの無線システムの信号を測定比較後、最良のネットワークを選択して安定したハンドオーバを実現するという。

■関連ニュース
【フォトレポート】山手線でUQ WiMAXの基地局発見! 
ニフティ、モバイルWiMAXをMVNO方式にて会員に提供開始
【ビデオニュース】UQ WiMAXの実力は? Googleマップで試してみた
「真のモバイルブロードバンドを提供する」――UQ WiMAX間もなく始動
UQコミュニケーションズのモバイルWiMAX端末4機種発表 〜 モバイルWiMAXスタートにむけてNECは製品納入