営業ができないと職を失う危険がある・・・

写真拡大

[年収1000万円プレイヤー図鑑]外資系ネットワークベンダー プロマネ職

■今回の1000万円プレイヤー

今回の1000万円プレーヤーは、新卒入社の都銀で情報システム部門に在籍。8年後に「エンジニアとしての市場価値アップと知識を磨きたい」と、大手メーカーのエンジニアに転身。
年収は大幅にダウンしたが、ここで目的通り、ネットワークエンジニアとしての知識と実力を磨く。
そして昨年、外資系ネットワークベンダーへ転身。現在、企業向けサーバーの営業企画から構築に担当。
100人規模のプロジェクトを統括する。年収も再び1000万円の大台を突破。そんな伊坂雄三氏に、SEからプロマネとなり高収入を実現する方法論を聞いた――。


Q:伊坂さんは新卒で大手銀行に入行されています。どのような経緯で、SEの道に進むことになったのですか?

私が就職したころは、まだ銀行が高収入という時代。漠然と銀行か商社がいいと思い、たまたま最初に内定の出た都銀に入りました。
情報部門の社員として入社したのではなく、最初の3年間は都内の支店で、預金・外為・融資という基本業務をしました。
しかし、預金集めがカッタルイ(笑)。東京以外に転勤するのも嫌。それで、ずっと本部勤務が続く情報部門へ志願したんです。
銀行オンラインシステムの基本設計の勉強をイチから始めて、検証、保守、運営をずっとやっていました。


Q:30歳の時点で年収1000万円を超えていますね。収入的には恵まれていたと思うのですが、なぜ転職しようと考えたのですか?

銀行の情報システムというのは、基本的に設計から開発までメーカーに丸投げといった構図です。
当初は自分でも基本設計はしていましたが、あるときから会社の方針が変わったのです。
「設計は考えなくていい、ベンダーに対する提案能力を上げていこう」となり、システムの方向性などの企画だけに集中することになったわけです。
要するに、メーカーさんへ“おまかせ主義”と。これでは、エンジニアとしての実力がつかないと思ったのが転職をしようと思った大きな理由です。
また、合併に向けて、合併相手先のシステムに統一することになったのも辞めようと思った理由です。別メーカーのシステムになるんじゃ、辛いだけですから。


Q:それで国内の大手メーカーのネットワークエンジニアに転身されると。なぜ、この会社を選んだのですか?

銀行のシステム部にいると、大手メーカー(ベンダー)の人と話すことが多い。彼らと話していて思ったのは、マジメに頑張っていて人間的にいいなと。
銀行員はカリカリしているし、海外に出ると戦える力はない。だから、大手の国内メーカーに転職したのです。
この会社は確かに人間的にはいい人ばかりだったし、銀行と違って安定感もバツグンでした。研修がしっかりしているので未経験でも技術が学べるという面もあった。
年収ダウン転職でも満足だったのですが、やがて仕事的にちょっと違和感が出てきて……。研究所にこもりきりで、外部の人と会う機会がないのが辛かった。
それで3年弱で辞めました。まぁ、この3年間は勉強をしただけで終ってしまったようなものですね。


現在の外資系ネットワークベンダーで「営業」の大事さを知る伊坂氏・・(この記事の続きは[livedoor キャリア]で


■関連リンク
livedoor キャリア
女ヂカラが活かせる狙い目業界徹底研究
年収格差1000万!?[33歳の年収格差実態レポート]
あの一瞬で不採用が決定![面接でのNG発言大賞]
一番ストレスがたまる仕事って!?[ストレスランキング2006]