PTFBGF-22RW
 プリンストンテクノロジーは12日、グレア(光沢)パネルを採用するアスペクト比16:9の 21.5V型ワイド液晶ディスプレイ「PTFBGF-22RW」を発表。3月中旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は26,800円。

 同製品は、フルHD(1,920×1,080ピクセル)表示に対応した21.5V型ワイド液晶ディスプレイ。アスペクト比16:9でフルHD映像などの再生時に上下の黒い帯を表示させることなく、画面いっぱいに映像を楽しむことができる。また、グレアパネル採用により、鮮やかで引き締まった画像を実現するという。

 映像シーンにあわせて自動的にバックライトを調節し、コントラストを最適なレベルに補正するDCC(Dynamic Contrast Control)を搭載。通常1,000:1のコントラスト比を、最大10,000:1まで補正できる。また、SXGAやXGAなど4:3比率の映像を、縦横比を保持したまま拡大可能な「アスペクト比固定拡大」機能を備える。インターフェースは、アナログ用ミニD-sub15ピンに加え、ハイビジョンレコーダーや次世代ゲーム機の接続に適したHDMI端子を2つ装備する。

 1.5W×2のステレオスピーカーを内蔵。輝度は300cd/m2、応答速度は5ms、コントラスト比は1,000:1(DCC 10,000:1)、視野角は上下160度/左右170度。本体サイズは幅510×高さ400×奥行き215mm、重さは4kg。付属品はVGAケーブル(ミニD-sub15ピン)/VGAケーブル(HDMI to DVI-D24ピン)/オーディオケーブル(ステレオミニ)/台座底板/接続用部品(台座取付用)/電源コードなど。

■関連ニュース
アイ・オー、最大6台まで接続できるUSBバスパワー駆動の7V型液晶ディスプレイ
NEC液晶テクノロジー、裸眼立体視が可能なモバイルTV向け液晶ディスプレイモジュールを展示
エイサー、フルHD対応の21.5V型ワイド液晶ディスプレイ
ハンファ、7V型ワイド液晶ディスプレイ2製品の価格改定――最大約27%値下げ
センチュリー、USBバスパワー駆動の8型液晶ディスプレイ