ハンビットユビキタスエンターテインメントは、MMORPG「グラナド・エスパダ」の料金体系を12月19日15時より変更、月額課金を廃してアイテム課金に移行すると発表した。

 基本無料化に伴うユーザへの補償などについては12月19日に発表するとしている。

 従来おこなわれてきた各社の料金体系の変更のアナウンスは日程に余裕を持って行われることが多かったため、今回のような変更直前の発表はユーザの動揺を誘うおそれがあり、19日の発表内容に注目が集まりそうだ。

■関連ニュース
オンラインゲーム一週間「あらためて月額課金vsアイテム課金」
新・天上碑、基本料金が無料に
ミュー、無料化スタートに伴うキャンペーンをスタート
オンラインゲームの市場規模は820億円 -オンラインゲームフォーラム調べ
A3、6月8日からアイテム課金制に移行