X2700DBにWindows 7をインストール。軽いOSだと聞いているのですが、X2700DBでもサクサク動くのでしょうか……
 こんにちは、編集部の中川です。昨年から噂になっていたWindows 7ですが、RBB TODAY内の記事「Microsoft、Windows 7ベータ版を公開〜日本語版も入手可能」にもあるように、とうとうWindows 7のベータ版がダウンロードできるようになりましたね。そこで今回は、X2700DBにWindows 7をインストールしてみました。軽いOSだと聞いているのですが、X2700DBでもサクサク動くのでしょうか……。

ここで、X2700DBのスペックをおさらいしておきますと、

 OS:Windows Vista Home Premium 32bit 日本語版
 CPU:Intel Dual Core ATOM 330(1.6GHz)
 チップセット:Intel 945GC + ICH7
 メモリ:DDR2 533 2GB×1
 グラフィックス:Intel GMA 950
 ハードディスク:2.5インチ SATA 120GB 5400rpm
 光学ドライブ:DVD±RW DL
 サイズ:250(奥行き)×185(幅)×70(高さ)mm

今回は、OSの部分がWindows 7に変わります。

 まずはWindows 7の特設ページから、ベータ版のダウンロードをします。32bit版と64bit版がありますが、今回は32bit版を選択。その後、Windows Live IDでログインすると、プロダクトキーが表示され、ダウンロードが始まります。私はWindows Live IDをすでに持っていたので、氏名やメールアドレスなどの入力の手間がなく、すぐにダウンロード開始できました。ちなみにダウンロードするファイルはISO形式なので、空のDVDを別途用意してインストールディスクを作成する必要があります。

 Windows 7ベータ版のダウンロードが終わり、インストールディスクを作成したら、いよいよX2700DBへインストール。インストールには、既存のシステムをそのままWindows 7にする「アップグレードインストール(インプレースアップグレード)」と、まっさらな状態のOSをインストールする「新規インストール(カスタムインストール)」と、2つの選択肢があります。ここで私は、新規インストールを試してみました(ちなみに、新規にインストールを選択すると、ハードディスクのデータはなくなるのでご注意を!)。Windows 7ベータ版のインストールディスクから起動し、「インストールの種類」ページで「カスタム」を選び、インストールするHDDのパーティションを選びます。終盤でプロダクトキーの入力や時間の設定などがありますが、基本設定はインストーラが勝手にしてくれるので楽でした。

 Windows 7ベータ版のインストールも終わり、いよいよ起動です。起動すると、真っ暗な画面からWindows 7のロゴが……おお、ロゴが出るときにアニメーションしていて綺麗ですね。そしてログイン画面に切り替わり、ログインするといよいよWindows 7のデスクトップへ。電源を入れてからログイン画面が表示されるまでにかかった時間は約1分。Vistaと比べると体感的には若干速いかな?といったところでした。LANの設定や、ディスプレイなどに特に問題もなく、すんなりと動いてくれました。デスクが別のPCにWindows 7ベータ版をインストールしたときにはLANアダプタが認識されず、ネットワークにつながらなくて泣いていたようですが……。ちなみに今回はディスプレイに「【連載・このパソコンが欲しい!(Vol.2)】HDMIポートを使ってみる」に登場した、HDMI搭載の液晶ワイドディスプレイを使っており、解像度1920×1200で表示しています。X2700DBにはHDMI端子がないので、アナログRGBで接続しています。

 見た目についてですが、起動時のロゴ以外は、今のところWindows Vistaとほぼ変わりません。違う部分としては、ガジェットを格納する「サイドバー」がなくなったことと、タスクバーのデザインが若干変わっていたことでしょうか。

 Windows 7ベータ版に搭載されているInternet Exploer 8でRBB TODAYのサイトを見てみました。表示速度は、縦長のページをマウスのホイールでスクロールさせるときに若干もたつきましたが、それ以外はほぼストレスを感じることなくサイトを閲覧できました。