人の手で翻訳するサービス「FC2翻訳」
 FC2,inc.は23日、これまでの機械的な翻訳サービスとは違う、人の手で翻訳をすることが可能なサービス「FC2翻訳」をリリースした。

 FC2翻訳は、ユーザ同士が気になるサイトを翻訳し評価するサービス。何もしないで翻訳ボタンを押しても何も翻訳されない仕組みで、ユーザはまず気になるサイトを登録し、自分で解る部分を翻訳し、それを他のユーザーも繰り返すという形になる。翻訳が評価されると、実際のページに反映され、翻訳された文章が閲覧できるようになる。ページ全体を訳すわけではなく、部分的に付け足していけるのも特徴となっている。人力によるため、英日・日英翻訳をはじめ、とくに言語に制約はない。FC2ID登録およびFC2翻訳の開設・登録はすべて無料。現時点では翻訳者向けのサービスだが、今後翻訳作業ができないユーザに向けても機能を充実していく予定とのこと。

■関連ニュース
米ホワイトハウス、YouTubeにチャンネル開設 ― オバマ大統領関連が多数登場
これを見ればきっとあなたもチョコレートが食べたくなる!?
「ノートン プロテクション ブログ」日本版がスタート 〜 セキュリティ情報交換の場
「110万ドル」「419条」「742/320ドメイン」って?〜数字で見るサイバー攻撃、マカフィー発表
Googleの画像管理ソフト「Picasa 3」、日本語版もダウンロード可能に