Picasa 3.1のバージョン表示画面
 米Google(グーグル)は現地時間16日、画像管理ソフト「Picasa 3」と「Picasa Webアルバム」を大幅アップデートし、ワールドワイド対応となったことを発表した。

 「Picasa 3」は今年9月にベータ版が公開されたが、英語版のみだった。今回のアップデートにより、Googleがサポートしている38の言語すべてのバージョンが用意されたとのこと。日本語サイトからは、日本語版の「Google Picasa 3」がダウンロード可能となっている。なお現在のバージョンは「3.1.0(ビルド70.71, 0)」となっており、正式版へと移行した模様だ。

 Picasa 3は前バージョンから、フォトコラージュ機能、名前タグ対応、スライドショーへの動画登録、ローカルファイルとWebアルバムとの自動同期といった機能が追加・強化されている。また今回の多言語対応にあわせて、「Picasa Webアルバム」においても自動的なコメント翻訳機能が追加された。たとえば「美麗的落日」といったコメントが「Beautiful sunset!」に翻訳されるという。

■関連ニュース
初代新幹線「0系」のラストラン、Googleが敬意を表して特別ロゴに
Google Chrome、ベータ版からいよいよ正式版へ移行!〜安定性と速度を向上
Googleとセールスフォース、戦略的グローバル・アライアンスを拡大〜クラウド環境のアプリ開発を支援する「Force.com for Google App Engine」発表
SNS機能をサイトに追加する「Google Friend Connect」、いよいよ利用可能に
地味だけどGoogle Mapsよりスゴイ? LatLongLabの「ぽ地図」