BGAN衛星サービスのネットワーク
 日本デジコムは1日、ブロードバンド対応の衛星通信である「インマルサットBGANサービス」を一時的に提供中止することを発表した。

 インマルサットBGANサービスを提供しているInmarsat-4衛星(I-4)を全世界サービスに対応するため再配置(移動)を行うためとのこと。再配置は2009年1月から2月にかけて行われ、衛星の移動中は通信サービスを提供することができなくなる。再配置後の2009年3月には、日本を含む全世界でインマルサットBGANが利用可能となる。

 サービス中止となるのは、インマルサット BGANサービス/FleetBBサービス/SwiftBBサービス/IsatPhoneサービス/LandPhoneサービス/FleetPhoneサービス。休止期間は2009年1月7日〜2009年2月2日(アイスランド、アイルランド、イギリス、グリーンランド、アフリカ大陸西部の一部、大西洋の一部)、2009年2月6日〜2009年2月24日(日本、ロシア中央部、中国、韓国、北朝鮮、東南アジア全域、オーストラリア、東シナ海、インド洋の一部)となる。

■関連ニュース
日本デジコム、世界初の組込型インマルサット衛星通信モジュール「BGAN CoreModule」発売
富士通研、C帯で世界最高出力320Wの高出力・高効率増幅器を開発〜窒化ガリウムHEMTを採用
日本デジコム、室内から衛星電話が利用できる「SABRE I」専用屋外格納ユニット「SABRE SHIELD」
JSATと米Stratos Global、国内インマルサットサービスの合弁会社を設立
初の日本製商用衛星「Superbird-7(C2)」打ち上げ成功