写真は、ベースとなる機種「SoftBank 830SH」

写真拡大 (全3枚)

 ソフトバンクモバイルは2日、法人向けオプションサービスとなる「法人基本パック」「法人基本パックプラス」を発表した。「法人基本パック」が2009年2月2日から、「法人基本パックプラス」が2009年2月中旬以降からの提供となる。

 「法人基本パック」「法人基本パックプラス」は、従来の「基本オプションパック」で提供されている各種サービスを法人向けに機能拡張し、管理者による複数回線の一括した管理設定や制御を可能としたサービスとなる。「法人基本パック」では「共有電話帳」や「安心遠隔ロック」、「位置ナビ一斉検索」機能を利用する際、管理者が一括して設定・制御が可能なほか、特定のURLのみにアクセスできるよう一括して設定できる「ウェブアクセス指定」も可能となる。「法人基本パックプラス」は「法人基本パック」に、ケータイ機能(カメラ機能、外部通信機能、外部メモリ書き込みなど)に一括して制限をかけられる「ケータイ機能制御」の機能が追加される。

 なお、「法人基本パック」はソフトバンクモバイル3G端末で、「法人基本パックプラス」は、2月中旬以降に発売予定の「SoftBank 830SH for Biz」で利用可能となっている。月額使用料金(1回線あたり)は法人基本パックが498円(税込)、法人基本パックプラスが698円(税込)。

■関連ニュース
ソフトバンク、12月5日にWindowsケータイ「Touch Pro SoftBank X05HT」を発売
SBM、「AQUOSケータイ FULLTOUCH SoftBank 931SH」と「Nokia N82」を発売
SBモバイル、フルタッチワンセグケータイ「930SC OMNIA」を28日に発売!
ソフトバンクモバイル、カメラ機能充実や5か国語対応など3機種を発売
iPhone絵文字&ワンセグ対応で購入意欲に変化