ぺ・ヨンジュン主演の大ヒット韓国ドラマ「太王四神記」をgoo「ブロードバンドナビ」で配信開始。テレビでは放送されなかったキャストのインタビューやメイキング映像も同時に配信している。

 「太王四神記」は、日本で人気の“ヨン様”ペ・ヨンジュンと韓国ドラマ界の巨匠キム・ジョンハク監督がタッグを組み、総製作費50億円以上を投入した一大歴史絵巻。韓国での平均視聴率も30%を突破し、ブームを巻き起こしたほどの人気ドラマだ。音楽はスタジオ・ジブリ作品などを手がける久石譲が全曲を作曲。アジアを席巻する韓国のコーラスグループ東方神起が主題歌「千年恋歌」を歌っていることなども話題となった。

<ストーリー>
 ドラマの舞台は、紀元前7世紀の高句麗。高句麗の人々は自分たちが神の国「チュシン」の末裔であり、朱雀、青龍、白虎、玄武から成る四神のそれぞれの主人と神器が「チュシンの王」の元に集まる時、平和が訪れるという伝説を数千年もの間信じ、「チュシンの王」の再来を待っていた。そして、ついに「チュシンの王」の誕生を告げる星が夜空に輝いたその晩、王家にタムドク(ペ・ヨンジュン)とヨン・ホゲ(ユン・テヨン)という二人の男の子が生まれた。チュシンの王の星のもとに生まれたタムドクが、数々の困難を乗り越え、天から与えられた四神の神器とその主を探し出し、真の王へと成長していく姿を壮大なスケールで描く。

 すでに第10話まで公開されており、視聴料金は1話525円/24時間。第11話以降は12月5日に公開される。またテレビでは放送されなかったキャストのインタビューのほか、今後、キャストによる撮影シーンの解説映像も配信する予定だ。

■関連ニュース
「MSN気になる言葉2008」女性有名人部門1位はGカップのあの女優
恋人、親子……さまざまな愛と別れを描く韓国ラブストーリー
2008年は彼女の年〜スザンヌのキュートな表情をたっぷりと!
韓国ドラマ史上最も怖く美しいサスペンス「魔王」
“中国武術の至宝”ジェット・リーに迫るドキュメンタリー作品