匿名認証の概要
 東芝ソリューションは21日、鍵の保護が可能な環境下で世界最速をうたう「高速匿名認証技術」を発表した。

 同技術は、従来のグループ署名方式と比較して、署名生成・検証速度を約2倍としたもの。従来のグループ署名方式では、退会者や不正会員をグループから排除する際は、匿名であるためにIDを単純に利用するだけでは失効処理ができなかったが、管理者が匿名の「失効者リスト」をショップへ配布するだけの処理を可能としているのが特徴だ。また、署名とメンバ鍵のサイズを世界最小クラスに抑えているほか、単純な演算処理の組み合わせだけで実装できるという。

 同社では、携帯電話やICカードといった計算速度や扱えるデータサイズ、実装などで制約が多いプラットフォームでも実用的な匿名認証が可能になるとしている。今後は、オンラインショッピング、医療などのサービス、クレジット会社・銀行などに向けたサービスとして提案し、ソリューション展開をはかるとしている。

■関連ニュース
IIJ、送信ドメイン認証「SPF/Sender ID」を実装するプログラムをオープンソースで公開
IIJ、「IIJセキュアMXサービス」において送信ドメイン認証技術「DKIM」に対応
シトリックスと日立、アプリケーションの仮想化環境で指静脈認証を行うシステムを世界で初めて開発
【富士通フォーラム2008 Vol.17】手のひら認証+画像認識で“共連れ”入室を防止
NEC、地デジ/Blu-ray搭載ハイエンドノート「LaVie C」など2008年夏モデル