PoE機能搭載スイッチ「SW-0008FP2」
 プラネックスコミュニケーションズは5日、LANケーブル経由で電源供給も可能な8ポート10M/100M WEBスマート PoEスイッチ「SW-0008FP2」を発表した。11月中旬より全国の主要代理店およびPLANEX Directを通じて発売を開始する。

 「SW-0008FP2」は8ポート中4ポートがPoE給電に対応しており、信号線を給電に使用するType A給電(ファントム給電)方式を採用した。これにより芯線の少ない特殊なLANケーブルでもPoE給電を行えるなど、対応デバイスなら電源コンセントが不要になり、設置時のレイアウトの自由度が向上するとのこと。ネットワークに繋がっているパソコンからブラウザを使って設定を行えるため、スイッチまで離れていても遠隔設定が可能となる。ポートごとにグループ分けをすることで、決められたグループ間だけの通信設定が可能なポートベースVLAN機能に対応する。またマルチプルVLAN機能もサポートする。ハードウェア面では19インチラック用マウントキットが付属するほか、電源内蔵となっており自由度の高い設置が行える。価格は税込39,800円。

■関連ニュース
アライドテレシス、CentreCOM AR260S V2の新ファーム「Ver.3.1.0」の提供を開始
フォーステン、中小規模向けエッジスイッチ製品「S25N」「S25V」発売開始〜FTOSに新機能追加も
11n対応で世界最小クラス! プラネックス、体積比で約42%小型化した無線LAN USBアダプタ
プラネックス、11nや11aを含むすべての規格に対応した無線LANルータ――同仕様の無線LANコンバータも
日立電線、Fullレイヤ3スイッチにアップグレード可能な24ポート100Mbスイッチ2製品