米Avaya(アバイア)は14日、オーストラリアとニュージーランドのドミノ・ピザに、テレビ電話やIP電話などのユニファイドコミュニケーションソリューションを12月に導入すると発表した。448店舗と約160人の従業員向けが対象。

 テレビ会議システムは、ポリコムの製品を採用。従業員向けのソリューションでは、BlackBerryに「Avaya one-X Mobile」を搭載するこで、音声会議やボイスメール、電子メール、インスタントメッセージなどの機能が利用できるようになる。

 ドミノ・ピザのCIOであるバリー・ウィ−チ氏は、アバイアのユニファイドコミュニケーションソリューションの導入について「導入の目的は、コミュニケーションに伴う複雑さを解消すること。アバイアのモバイルコミュニケーションやビデオ会議などを採用することで、コストを削減するだけでなく、生産性を飛躍的に向上することを期待しているとしている」とコメントした。

 なおドミノ・ピザは、フランス、ベルギー、オランダのオフィスにもテレビ会議システムを拡大する予定という。

■関連ニュース
アバイア、小型・軽量なH.323対応無線IP電話端末「Avaya 3631 IP Wireless Telephone」
WOWOWコミュ、アバイアのコンタクトセンタ運用管理ソフトウェア「Agent MAP」を導入
日本アバイア、iPhone 3G対応のFMCアプリ「Avaya one-X Mobile for iPhone」
【「エンジニア生活」・技術人 Vol.11】「技術」を「便利」に変える手品師――日本アバイア・岩佐智宏氏
日本アバイア、IM/ケータイ/GPSなどのプレゼンス情報を統合する新製品発表〜Jabber XCPがベース