イー・モバイルは27日、メールフィルタ機能の「ドメイン指定受信設定」において、ソフトバンクモバイルの対象ドメインに「XXX@i.softbank.jp」(「iPhone 3G」専用のメールサービスのドメイン)を追加した。

 「ドメイン指定受信設定」は、迷惑メール防止用に提供されており、指定した携帯電話・PHSのドメインから送られてくるメールのみを受信することができる。これまで「XXX@i.softbank.jp」からのメールはインターネットメールとして受信されていたため、「ドメイン指定受信設定」で「ソフトバンク」を選択した場合であっても受信ができなかった。

 今回の対応により、iPhone 3Gからのメールも、ソフトバンクモバイルからのメールとして受信できるようになるとのこと。すでに「ドメイン指定受信設定」で「ソフトバンク」を選択している場合、自動的に「Eメール(i)」が指定受信の対象となる。

■関連ニュース
イー・モバ、アメリカ本土・ハワイで10月28日より国際ローミングサービス開始
携帯の電波状況「とても重要」ドコモは5割、SBは2割半〜アイシェア調べ
イー・モバイル、データカード「D12LC」の新色販売開始〜USBスティックにホワイト/シャンパンゴールド新登場
イー・モバイル、12月を目標に東京都内の地下鉄駅で提供開始
9月度携帯電話・PHSキャリア契約数速報