「仕事がつまんない・・」と感じているなら

写真拡大

女ヂカラが活かせる狙い目業界徹底研究〜Part2〜

■狙い目は「人材ビジネス」業界
中途採用市場の活発化と女性の活躍で急伸

景気回復による事業拡大に加え、少子化や団塊の世代の定年退職という2007年問題の影響で、人員確保が追いつかず、業界各社で中途採用のニーズが拡大している。
インターネットや転職情報誌などを使って人材を募集したり、人員の早期確保のために人材派遣を利用したり、人材紹介会社を活用するなど、企業の採用活動が活発化しているため、人材ビジネス業界の業績は伸び続けている。
現在、人材紹介・派遣会社では、各企業からの案件増加に対応するため、登録者と接するキャリアアドバイザーや、企業の採用担当者から採用ニーズを引き出す営業、派遣コーディネーターなどの求人数が非常に増えている。
業界経験者の絶対数がまだ少ないため、異業種・異職種からの転身者も広く募っている。また、人事・経理・スタッフマネイジメントなど、企業のバックオフィス業務を受託するアウトソーシング企業でも、案件が増加しているため、人材確保は急務となっている。
顧客企業や登録者の業種はさまざまで、幅広い業界知識が求められるため、未経験であっても、それまで自分が在籍していた業界の知識が必ず役に立つのがこの業界の特徴。また、人と接する仕事だけに、コミュニケーション能力に長けた女性は力を発揮しやすいだろう。
新たな活躍の場を求めている女性にとっては有望な転職先といえる。(記事本文へ)

■関連リンク・livedoor キャリア