ラスベガスルールをものともせず、足関節を仕掛けたショーグン
10月21日(土/現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス・トーマス&マックセンターで開催されたPRIDE初のアメリカ大会『PRIDE.32"THE REAL DEAL"』。セミファイナルではマウリシオ・ショーグンvsケビン・ランデルマンの一戦が行われた。

ネバダ州のアスレチックコミッションMMAルールにより、四点ポジションでのヒザ蹴り、グラウンド状態での頭部への蹴りを禁止されている同大会。ショーグンは得意の踏付けを封印しての闘いとなった。

試合は、開始早々にランデルマンのタックルでテイクダウンを奪われたショーグンだったが、劣勢を意にも介さず下からアンクルホールド、膝十字を極め快勝。最後はランデルマンの足が異常な角度で反り返った。

一本決着続出! 『PRIDE.32"THE REAL DEAL"』試合結果up!