郷野聡寛、三崎和雄。GRABAKA勢に掛かる期待はとてつもなく大きい!

写真拡大 (全4枚)

11月5日(日)、横浜アリーナで開催された『PRIDE武士道 -其の十三-』。PRIDEウェルター級グランプリ2006もいよいよファイナルを迎え、『日本人全滅』という厳しい見方をされる中、一度は敗れた三崎和雄が奇跡の逆転優勝を果たし見事にウェルター級王者に輝いた。

 準決勝では、パウロ・フィリオの前に腕ひしぎ十字固めで敗れた三崎。退場する際には悔し涙を浮かべた。GRABAKAの盟友、郷野聡寛もデニス・カーンに判定負けを喫し、決勝戦は「フィリオvsカーン」で行われるものと誰もが思い、事実、場内へのアナウンスも行われた。しかし、決勝の試合直前に行われた再ドクターチェックでフィリオが左膝靭帯損傷の疑いが発覚。急遽、三崎が繰り上がって出場を果たした。

 カーンvs三崎となった決勝戦。試合は、カーンの打撃や組み付いてのバスターに序盤こそ苦戦を強いられた三崎だったが、1R後半から得意のパンチで徐々に反撃。2Rにはパンチでカーンを吹っ飛ばす場面も。最後は、僅差ながら判定2-1で堂々の勝利。自身の試合も終わり、既にリラックスモードへと入っていた三崎が、気持ちを入れ替え、一気にウェルター級の頂へと駆け上がった。

 試合後には「パウロ選手、僕は準決勝では負けましたが、ケンカでは負けてません。僕は彼以上にダメージを受け、肘も壊れましたが命ある限り、このリングで闘います。次の試合はまだいつになるか分かりませんが、恐らく大晦日。見に来いやー!」と絶叫。郷野に肩車で祝福され、ファンやチームメイトと喜びを分ち合う感動のエンディングとなった。

 また、セミファイナルで行われたPRIDEライト級タイトルマッチ、五味隆典vsマーカス・アウレリオの一戦は、五味が判定勝利で防衛に成功。自身も「勝つことに徹した」と語るように、一度は敗れたアウレリオに対して、深追いせず、守り過ぎず“我慢の闘い”で王座を守った。序盤から右の構えとサウスポーを細かくスイッチ。前の手でジャブを多用した五味は、アウレリオのテイクダウンを警戒しつつ、寝かしても“猪木‐アリ”状態のまま相手の足を蹴り続けるのみに止めた。

 試合後は、「勝ちに徹してしまいました。でも、リベンジできたのはみなさんのおかげです」と語り、場内から“五味(の闘い方)らしくねーぞ”という声が飛ぶと、少し頷き「ありがとう」と答えた。次回の試合出場は大晦日が有力となる五味。ライト級絶対王者の豪快な一本勝ちは大晦日へ持ち越しとなった。


『PRIDE武士道 -其の十三-』
12.PRIDEウェルター級グランプリ2006決勝
○三崎和雄(日本/GRABAKA)
※準決勝の勝者フィリオが負傷した為
2R終了
判定2-1
詳細はコチラ
デニス・カーン×
(韓国/アメリカン・トップチーム)
11.PRIDEライト級タイトルマッチ
○五味隆典
(日本/久我山ラスカル)
2R終了
判定2-1
詳細はコチラ
マーカス・アウレリオ×
(ブラジル/アメリカン・トップチーム)
10.ワンマッチ
○青木真也
(日本/パラエストラ東京)
1R3分57秒
三角絞め
詳細はコチラ
クレイ・フレンチ×
(アメリカ/Reinhardt Mixed Martial Arts)
9.ワンマッチ
○石田光洋
(日本/T-BLOOD)
2R終了
判定3-0
詳細はコチラ
デビッド・ベルクヘーデン×
(スウェーデン/BTT・スウェーデン)
8.ワンマッチ
○美濃輪育久
(日本/フリー)
2R終了
判定3-0
詳細はコチラ
マイク・バートン×
(アメリカ)
7.ワンマッチ
○菊田早苗
(日本/GRABAKA)
2R終了
判定3-0
詳細はコチラ
ジョン・フランソワ・レノグ×
(フランス/フリー)
6.ワンマッチ
×前田吉朗
(日本/パンクラス稲垣組)
1R54秒
フロントネックロック
詳細はコチラ
ジョー・ピアソン○
(アメリカ/ミレティッチMA)
5.ワンマッチ
×帯谷信弘
(日本/木口道場レスリング教室)
2R終了
判定0-3
詳細はコチラ
ルイス・ブスカペ○
(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
4.ワンマッチ
○ムリーロ・ブスタマンチ
(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
2R終了
判定3-0
ユン・ドンシク×
(韓国/高田道場)
3.PRIDEウェルター級グランプリ2006準決勝
×郷野聡寛
(日本/GRABAKA)
2R終了
判定0-3
詳細はコチラ
デニス・カーン○
(韓国/アメリカン・トップチーム)
2.PRIDEウェルター級グランプリ2006準決勝
×三崎和雄
(日本/GRABAKA)
1R9分43秒
腕ひしぎ逆十字固め
詳細はコチラ
パウロ・フィリオ○
(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
1.ウェルター級GPリザーブマッチ
○ゲガール・ムサシ
(オランダ/レッドデビル・インターナショナル)
2R終了
判定3-0
詳細はコチラ
ヘクター・ロンバード×
(オーストラリア/吉田道場)