高田を彷彿させるローリングソバット(?)を披露したスミルノヴァス

写真拡大

4日、都内K-1オフィシャルジムにて、『HERO'S 2006』ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準決勝に出場するケスタティス・スミルノヴァスが公開練習を行った。

椎骨脳底動脈血流不全(ついこうのうていどうみゃくけつりゅうふぜん)により欠場となった桜庭和志に代わり、急遽トーナメントに参戦することになったスミルノヴァス。“リトアニアの高田”と呼ばれた男が、桜庭不在の穴を埋め、秋山成勲と対戦する。

桜庭に憧れを抱くスミルノヴァスは、桜庭の欠場について「最初に聞いた時は、とても心配した」と話し、更には「彼の分まで頑張る。桜庭のファイターとして闘う魂が一緒に闘ってくれると思う」と秋山戦への意気込みを述べた。

また、会見の最後には「秋山の弱点はみつけた」、「優勝して桜庭と再戦したい」と頼もしい発言も連発。桜庭をKOまで追い込み、ジャッジ問題では大きな議論を巻き起こした張本人だけに、秋山撃破の期待も十分。この大番狂わせをもって、一躍外国人トップファイターへと成りあがるか?

一躍ブレイクとなるか?“リトアニアの高田”を写真でチェック!
『HERO'S 2006』大会概要、対戦カード