ザンビディス、豪腕対決を制す/K-1MAX

写真拡大 (全2枚)

9月4日(月)有明コロシアムで開催された『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』。第1試合で行われた、TATSUJI(日本/アイアンアックス) vs マイク・ザンビディス(ギリシャ/メガジム)の一戦は、日本‐ギリシャを代表する豪腕対決となった。

序盤から軽快な動きをみせる両者。リーチで劣るザンビディスは、左右のパンチを振り回して一気に距離を詰めるが、TATSUJIは、パンチ、膝蹴りを中心に反撃。2Rにはローキックも織り交ぜ、ザンビディスを相手に真正面から打ち合う。3R終盤にも、最後の気力を振り絞り、全力でパンチをふり抜くTATSUJIだったが、打撃の的確さで上回ったザンビディスが判定3-0で勝利を挙げた。

『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』全試合結果へ