HAYATO、壮絶打撃戦制す/K-1MAX

写真拡大 (全2枚)

9月4日(月)有明コロシアムで開催された『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』。第3試合では、HAYATO(日本/FUTURE_TRIBE)vsアルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテンオデッサ) の一戦が行われた。

開始早々、両者のフック、ローキックが激しく交錯。全力で打撃を繰り出す両者に、場内が沸き返る。キシェンコは、ボディブロー3連発、膝蹴りの連打でHAYATOを追い詰めるも、今度は劣勢を跳ね返したHAYATOが怒涛のラッシュで反撃。1Rから壮絶な打ち合いとなる。

2R、またも全力でミドルキックを叩き込むHAYATOだったが、キシェンコとの打ち合いは3Rまで続き、判定は1-1のスプリット。試合は延長Rへともつれ込み、一進一退の攻防を続ける両者であったが、HAYATOが僅差で上回り、再判定の末に勝利を挙げた。

『K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦』全試合結果へ